東京中央銀行の追加融資500億円はどうやって金額設定されたのか?~半沢直樹ファンが元バンカー洲濵拓志に聞く素朴な質問【NewsZアフターショー】

この「NewsZアフターショー」は、株式会社財務部ITメディア担当の杉崎が、元バンカーの洲濵拓志代表に素朴な質問を聞き、自身の体験を交えながら、今の銀行で働いている人たちを応援する番組です。

今回、番組内で話題にしているドラマは、池井戸潤原作『ドラマ「半沢直樹」原作 ロスジェネの逆襲: 2020年7月スタートドラマ「半沢直樹」原作』をドラマ化し、2020年7月19日からTBS系『日曜劇場』で放映された内容を参考にしています。

今週の質問

  • もし黒崎検査官率いる証券取引等監視委員会事務局の査察を半沢たちがのりきれなかったとしたら、東京セントラル証券はどうなっていたのですか?
  • スパイラルがフォックスと緊急会見を開き、サプライズとしてスパイラル瀬名社長がマイクロデバイス社のジョン・ハワード氏から協力を得たことを発表したことでスパイラルの株価が一気に上がったわけですが、ここでジョン・ハワード氏が3億ドル出資するというのはどういうことなのでしょうか?
  • スパイラルとフォックスの緊急会見の後、東京中央銀行は500億円の追加融資を行うことになりましたが、この金額はどうやって設定されたのでしょう?
  • 伊佐山部長が半沢に「500億円融資が決まった」と言ってましたが、三笠副頭取が大和田取締役に頭を下げたことで500億円の追加融資が決定したということなのでしょうか?

NewsZアフターショーをお聴きいただくには

以下の方法でお聴きいただくことができます。

  • 本ページ最初の画像の下にある再生バーの「▶」をクリックいただくと、番組が始まります。
  • Appleが提供するPodcastサービスをご利用いただくと、自動的に更新があったことが通知されます。